NY株式概況:素材や半導体関連が上昇、不動産や銀行が軟調

FX初心者の注意事項

これからを始める初心者の方は、すでにFXをしている経験者が運営しているサイトや、ブログを見れば参考になることも多いです。取引の仕組みや、ノウハウ、ファンダメンタルズ、テクニカル分析を参考にして大きく負けないFXをするように心がけましょう

NY株式概況:素材や半導体関連が上昇、不動産や銀行が軟調

23日のNY市場は上昇。ダウ平均は67.39ドル高の12086.02、ナスダックは14.43ポイント高の2698.30で取引を終了した。朝方は2月新築住宅販売件数が予想を下回ったことでもみ合う展開となったものの、著名ファンドマネージャーのビル・ミラー氏が株式相場に強気の見方を示したことで、引けにかけて緩やかに上昇する展開となった。

 

セクター別では、素材や半導体・半導体製造装置が上昇、一方で不動産や銀行が軟調。シカゴ日経225先物清算値は、大証比25円高の9405円。ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTT<9432>、三井住友<8316>、コマツ<6301>、京セラ<6971>、富士フイルム<4901>など、対東証比較(1ドル80.92円換算)で全般小じっかり。