ポンド円の為替推移に関して

ポンド円の為替推移に関して

英国の消費者物価指数が上振れする一方、小売売上高が予想以上の落ち込みを示すなどスタグフレーション懸念が高まっており、ポンドの地合が急激に悪化している。英中銀は「インフレ上昇は一過性」との見方を示しており、景気に配慮し利上げを遅らせる公算が高まっている。

 

また低成長と財政悪化でソブリン格下げの可能性も指摘されており、当面はさらに下値を試す展開が予想される。

 

FX 1000通貨
FXは1000通貨から始めるべきです。1000通貨なら約1万円以下の証拠金から取引が可能。 最近では、手数料無料で狭いスプレッドで取引できるFX業者も多くなっています。 現在、DMMFXがスプレッド0銭サービスをやめてしまったため、スプレッドが0銭のFX業者はほとんどありません。

 

FX 比較
FX歴5年の投資家が運営。FXで勝つためには、優良な情報があるなどサービス内容の評判がいいFX会社選びが重要です。FX(外国為替)会社比較から、ランドやトルコリラ、オーストラリアドル、ニュージーランドドルなど人気の高金利通貨情報、口座開設キャンペーンまでを徹底的にFX比較します。

 

FX 売買シグナル
FXの売買シグナルを無料提供するFX業者最近人気のFXの売買シグナル。テクニカル分析が不要になると個人投資家から人気です。

28日外国為替市場(FX)の東京市場では、前週金曜日にプロッサー・フィラデルフィア連銀総裁等、複数の米地区連銀総裁がタカ派的な発言をしたことから、米の早期利上げ観測が高まったことを背景に米ドル買いが優勢となった。ドル/円は81円40銭近辺から81円75銭近辺へ上昇。ドル/円の上げにクロス円は総じて連れ高となり、ユーロ/円は114円25銭近辺から114円95銭近辺へ、豪ドル/円は83円40銭近辺から83円90銭近辺へそれぞれ上昇。一方、ユーロ/ドルは取引開始後、ユーロ売りが優勢となり軟調に推移した。週末、地方議会選挙で、メルケル・ドイツ首相率いる与党が敗北したこと等を受け、ユーロ/ドルは一時1.4024ドルまで下落。その後、反発し1.4068ドルまで上昇したが、上値の重い展開となった。FX投資家はユーロドルなどユーロまたは米ドルがからむ通貨ペアに注目するべきであろう。