利用シーンが増えるクレジットカード

利用シーンが増えるクレジットカード

クレジット業界はここ数年、好調に推移している。2005年のクレジットカードのショッピング取扱高は32兆1701億円で、前年比10.3%の仲びをみせている。クレジットカード発行枚数も2億8905万枚で、前年比5.7%の増加であった(共に日本クレジット産業協会調べ)。この伸びを支えているのが利用シーンの急速な拡大である。

 

これまでクレジットカードというと、デパート、スーパー、またはレストラン・居酒屋などの飲食店での利用が中心だったが、最近は高速道路の料金から、タクシー料金、新聞代、NHK受信料など、これまでカード払いができなかった分野でも続々使えるようになってきた。

 

また公共料金も、電話料金、ガス料金、電気料金、携帯電話料金、鉄道の定期券、乗車券、それに病院での診療代などもカードで払える時代になった。07年からは自治体が管理する公金をカードで決済できるようになった。同年10月からは東京23区で水道料金が、また08年3月から国民年金もカード払いできるようになり、今後は自動車税、固定資産税までカードで支払える時代がやってくる。その市場規模は20兆〜30兆円といわれているが、この解禁で社会のカード化に一層の拍車がかかることは必至である。

 

さらに、これまでほとんど手つかずたったコンビニ業界でも、電子了不1導入に伴ってクレジットカードが使えるようになった。すでにローソンは対応しているが、最大手のセブンーイレブンでも電子マネーnanacoとの兼ね合いで自らのチェーン店舗でカードが利用できる体制を整えようとしている。

 

この結果、わが国の個人消費支出300兆円に占めるクレジットカード決済の割合は、現在は10%程だが、4〜5年先には欧米並みの20〜30%に急増するのではないかとみられている。

 

コメント参考:クレジットカード比較なら-人気ランキング

28日外国為替市場(FX)の東京市場では、前週金曜日にプロッサー・フィラデルフィア連銀総裁等、複数の米地区連銀総裁がタカ派的な発言をしたことから、米の早期利上げ観測が高まったことを背景に米ドル買いが優勢となった。ドル/円は81円40銭近辺から81円75銭近辺へ上昇。ドル/円の上げにクロス円は総じて連れ高となり、ユーロ/円は114円25銭近辺から114円95銭近辺へ、豪ドル/円は83円40銭近辺から83円90銭近辺へそれぞれ上昇。一方、ユーロ/ドルは取引開始後、ユーロ売りが優勢となり軟調に推移した。週末、地方議会選挙で、メルケル・ドイツ首相率いる与党が敗北したこと等を受け、ユーロ/ドルは一時1.4024ドルまで下落。その後、反発し1.4068ドルまで上昇したが、上値の重い展開となった。FX投資家はユーロドルなどユーロまたは米ドルがからむ通貨ペアに注目するべきであろう。