バイナリーオプションの取引回数

初心者でもバイナリーオプションがわかり易い理由

バイナリーオプションには1時間型、1日型など、取引可能時間によりコースがあります。このようにゴール、締め切りがあるため初心者にもわかりやすいということが言えるでしょう。

 

たとえば1時間型なら、1時間の中で米ドル円、ユーロ円、英ポンド円、豪ドル円という4通貨が運営されるため、15分おきに取引がスタートし、それぞれ1時間後に判定時間を迎える形になります。

 

夏時間の最終取引時間は、午前3時45分スタートの豪ドルですから、1時間型には1日の中で84回の取引チャンスがあります。これに4時同型と1日型が加わると、全部で108回の取引チャンスがあります。

 

ちなみに1日型の場合には、判定時間の設定は1日のうちで4回だけ。スタート時間も米ドル円か午前7時、ユーロ円か午前7時15分、英ポンド円か午前7時半、そして豪ドル円か午前7時45分と通貨ペアごとに1回ずつになります。

 

バイナリーオプションの「HIGH・LOW」の場合、0.1銭でも値段が動けば、それによって利益を得ることができます。たとえば、1ドル=83円00銭のときにHIGHを選び、判定時間に1ドル=83円01銭であれば、当初のペイアウト倍率に沿った払戻金が得られます。

 

より詳しいバイナリーの仕組みは、バイナリーオプションの初心者 入門で勉強してみてください。

 

28日外国為替市場(FX)の東京市場では、前週金曜日にプロッサー・フィラデルフィア連銀総裁等、複数の米地区連銀総裁がタカ派的な発言をしたことから、米の早期利上げ観測が高まったことを背景に米ドル買いが優勢となった。ドル/円は81円40銭近辺から81円75銭近辺へ上昇。ドル/円の上げにクロス円は総じて連れ高となり、ユーロ/円は114円25銭近辺から114円95銭近辺へ、豪ドル/円は83円40銭近辺から83円90銭近辺へそれぞれ上昇。一方、ユーロ/ドルは取引開始後、ユーロ売りが優勢となり軟調に推移した。週末、地方議会選挙で、メルケル・ドイツ首相率いる与党が敗北したこと等を受け、ユーロ/ドルは一時1.4024ドルまで下落。その後、反発し1.4068ドルまで上昇したが、上値の重い展開となった。FX投資家はユーロドルなどユーロまたは米ドルがからむ通貨ペアに注目するべきであろう。